弊社の代表 森 俊哉は 人生のパイセンTV番組にて【バーチャル不動産業】という言葉を

ネット業界で産み出し、暗号通貨も2012年度より始めました。

これから世の中は 地球環境(ウイルスを含む)に影響を受けないリモート社会に移行して

いきます。 そこで人類は出歩くことを控える代わりにネット上のバーチャル世界を出歩く

ことになりますので、支払い決済も法定通貨から暗号通貨に移行していきます。

そこで必要な法定通貨を暗号通貨に両替をする取引所を2021年度中に構築する予定です。

そしてバーチャル世界を構築するため、[ World Outlet Mall ] を始めとしてさまざまな

バーチャル建物を構築し、そのバーチャル不動産の売買や賃貸業を開始する予定です。

その法人はマカオにあり、RIM RealEstate Consulting Services Limited と言います。

そのバーチャル不動産の支払い決済で利用される通貨をRIMトークンと呼ばれ、

ETH20ベースにて2018年8月に発行を始めました。 どうぞ今後をご期待くださいませ。

これから取引所にて上場するのが楽しみです。

 

 

 

コロナの影響により世界中の商業地はテナント入居者が退去していくため、

過疎化していきます。

予防接種が普及してもまた新たなウイルスが猛威を振る可能性が大きいと

判断した企業が所有するビルの売却も加速しています。

そうすると必然的に商業地の不動産価格が暴落していくことでしょう。

この世の中の流れは新しい産業革命まで引き起こすと見ています。

それがVR産業革命 すなわちバーチャルリアルティ産業革命と

呼ばれることでしょう。

そこで弊社は 実在の商業地と融合しリンクさせたバーチャル商業地を

インターネット上にVRを駆使して構築していく予定です。

そしてそれをする事が実在のテナント入居者を救うことになり、

敷いては過疎化を防ぐことにも貢献することになるのです。

 

 

中国特別行政区 マカオから世界へ

RIM Reale Estate Consulting Services Limited in Macau China

RIM本社中国マカオにある所在地です。

RIMプロジェクト構想第一弾(2018年度版)

RIMのプロジェクトは 2018年4月日本の賃貸マンションのブロックチェーン化構想

から始まりました。

その大きな特徴は以下の通りです。

1.ホテルキーカードのように、RIMデビットカードでドアの開閉をするようになります。

2.家賃の引き落としの手段としてRIMトークンで支払いが出来るようになります。

3.RIMトークンは6か月以上保有することにより、寄付RIMを受け取ることによって

  増えるようになります。

4.災害時非常事態の長期停電に備える世界初の室内分散型非常用電源「水発電機」

  AQUENEOUSが各部屋に装備されます。

 

RIMプロジェクト構想第二弾(2021年1月度版)

2019年よりコロナウイルス感染予防対策の影響によって人類は今後外出を控える代わりに

ネット上のバーチャル商業地を出歩くことになります。

それは衣食住のために街に出かけるのではなく、VRを駆使した実在と変わらないほどの

リアルなバーチャル街【 RIM Virtual City 】を利用するようになるのです。

そこでそのバーチャル土地開発から始まり、商業地の建設と売買、そして賃貸と管理を

おこなうバーチャル不動産業が始まります。

 

1.バーチャルうまい門通り商店街の建設とホームページ構築

            https://umaimonstreet.jimdofree.com/

   投資家と営業者を募集(リアル街の店舗にWEBカメラ導入し、ライブ配信で

   店主と調理場をアピールし、来客者はZOOMオンライン上で店主と相対で

   おすすめを聞きながら注文をし、出前業者につなぐ(Uber Eats等)

2.WORLD OUTLET MALL(W O M)の建設

   1の構築が進むと、他業種の店舗も同様に構築を進める。

   投資家と営業者を募集(バーチャル土地の取得費用、建設費用、テナントの

            改築費用)

3.WORLD OUTLET MALL (W O M)  のテナント利用者募集

   投資家と営業者を募集(テナント改装費用など)

4.(W O M)  の周辺土地の建設と利用者募集

   投資家と営業者を募集(商業地として開発する)

5.商業地周辺の住宅を開発と利用者募集

   投資家と営業者を募集(一般住宅や高層マンションの売買と賃貸)

 

ここで特筆すべきポイントは

世界初のリアルとバーチャルの融合したネット上の街づくりをする

それによって商業地のリアル不動産の活性にも貢献する

バーチャル不動産会社

それがRIM RealEstate Consulting Services Limited 社なのです。

 

ブロックチェーンマンションRIMの特徴

1.ホテルキーカードのように、RIMデビットカードでドアの開閉

2.家賃の引き落としの手段としてRIMトークンで支払いが出来る

3.RIMトークンは6か月以上保有することにより、寄付RIMを受け取ることによって増える

4.世界初の災害時用備蓄「水発電機」が各部屋に装備

テレビニュースやめざましテレビで話題の水発電機AQUENEOUS

中国テレビ放映でも全土に大反響となってきた水発電機AQUENEOUSを採用

中国吉林省の大手不動産デベロッパーとの業務提携

2018年9月3日吉林省長春にて記者会見と大イベント

日本の不動産をブロックチェーン化する RIM Reale Estate Consulting Services Limited社 が 9月3日 中国吉林省の大財閥 QEグループと業務提携の記者会見と大イベントを吉林省長春のハイアットリージェンシーホテルにて盛大に開催されました!

皆さんも RIM ポイントカードを保有しませんか?

 

記者会見 問答の内容
記者の問い
RIM Reale Estate Consulting Services Limited のことを教えていただけますか?]

森 理事長の返答
[ RIMとは Realestate のR.International のI.Moneyの Mで、その頭文字を取った名前です。
RIM Reale Estate Consulting Services Limitedは中国マカオに本拠地を置き、 Blockchain Apartment RIM(防災対策マンションRIM) と言う建物を東京都心近郊から沖縄に至るまで日本全土に広めるため事業を展開しています。
RIM Reale Estate Consulting Services Limitedは 一般大衆の人が小額から【仮想通貨不動産業】という今までに類を見ないスキームでビジネス展開をしていただく提案をしています。具体的には 既存のマンションを1棟ごと取得し、家賃の集金から物件の管理までブロックチェーンを用いて国際金融化させたスキームによって再構築します。]

 

記者の問い
RIM Reale Estate Consulting Services LimitedのBlockchain Apartment RIMとは 具体的にどのような物件ですか?]

森 理事長の返答
[ まず一番大事なことは、経済と景気に影響を受けない物件を選ばないといけません。例えばオフィスビルだと景気が悪くなって入居してる会社の売り上げが少なくなれば 退去する会社が出てきます、そうなると空室が増える可能性が強いですが、共同住宅としてのアパートメントの場合、景気が悪くなっても雇用されてる会社が倒産しない限り給料はある程度保証されていますから引っ越しをして空き部屋になる可能性は少ないんです。仮に空き部屋になっても交通の利便性が良い場所、例えば駅に近い場所ならまたすぐ入居希望者があとをたたないと言うのが、東京なんです。
そして次に大事なことは 地震に影響を受けない物件、これに関しては 私は地震対策の地盤改良工事をする土木工事会社も経営している専門家です。これは日本の場合特に考えなければいけない事です。]

 

ニューヨークタイムズスクエアに掲載中

ニューヨークタイムズスクエアに掲載されているGFIS(グローバル フィンテック イノベーション

サミット)は2018年1月8日と9日に開催された中国政府が初めて主催した大イベントで、

RIMトークンとAQEカードウォレットのスピーチを下記の通り行いました。 

この大イベントには世界的な著名投資家のジムロジャーズや フィリピンで最も大富豪の

チャビットシンプソン氏も講演をされ、その後行われたVIPのみの懇親会では下記の通り

今後の重要な商談も行いました。

RIM ロードマップ

RIMプロジェクトの事業計画

 

1. 2018年度にRIMポイントカードのプライベートセールを開始しRIMトークン発行済み

 

2. RIMプロジェクト第2弾【 バーチャル不動産業構想 】を発表後

   ZOOMオンラインセミナーを随時開催し、投資家と営業者を募集開始

 

3. RIMバーチャルシティの土地とうまい門通り商店街の建設に対する投資家と営業者を

   募集開始

 

4. バーチャルシティ第一区画土地販売終了とうまい門通り商店街建設終了後

   レセプションパーティーを開催

   世界的な著名投資家とRIM Reale Estate Consulting Services Limited  CEOとの

   対談及び経済雑誌掲載

  

5. プレセールの開始

   4円枠の販売終了後 防災対策マンションRIMBlockChain Apartment RIM)   

   のフランチャイズ加盟募集をマスコミを通じて広報活動を開始予定

   それに準じて6円、8円、10円枠それぞれ推進

 

6. フランチャイズ加盟マンション取得後は 各ドアの鍵をリフォームし、RIMカードにて開閉出来る

   ようにし、家賃をRIMトークンにて毎月末に自動引き落としや、トークンを

   継続保有者に半年に一度 Donationする旨をブロックチェーン化します。          

 

7. プレセールの終了後 取引所に上場

   上場が決定されている取引所は 韓国政府認可の暗号資産取引所、マカオライセンスの取引所、  

   及び NASDAQ上場会社のグループ取引所の3

 

8. RIMの取引所での売買はここから売却が可能となります。

    上場開始価格は【 ¢20 / 枚 】を予定。(およその換算)

 

ICOを超えるICO

仮想通貨販売を超えた

ポイントカード販売

RIM Reale Estate Consulting Services Limited社は 日本国内では仮想通貨法を遵守するため

仮想通貨の販売は行いません。

RIMポイント付きカードの販売を代理店様に委託しています。

 

ICOとは  イニシャル コイン オファリングのローマ字の頭文字を意味しますが、

RIM Reale Estate Consulting Services Limitedの代理店様が行うのは 

イニシャル カード オファリングを意味しています。

 

海外で販売されるRIMトークンは最低でも3社に上場が決定しています。

韓国政府認可の暗号資産取引所、中国マカオ内某取引所、そして今年NASADAQに上場する中国大手取引所にて決定しています。

そしてその上場開始日より2か月間は 世界で類を見ないスキームによって値上がり続けることが

予想されています。

しかも!継続的に保有している方にはDonationを受け続けるという前代未聞のスキームです!

 

RIM Reale Estate Consulting Services Limitedが募集している代理店ビジネスの内容につきましては 

下記のPDFを開いてご覧くださった後 下記へお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

 

icoamadeus@gmail.com

 

 

 

RIM White Paper

ダウンロード
RIMプロジェクトの説明書をご覧ください。
RIMトークン(日本語)20190404.pdf
PDFファイル 8.4 MB

RIMトークンミートアップセミナーの動画【4部構成】

全国RIMミートアップセミナーへのご案内

 ZOOMアプリによるオンラインセミナーのご案内

 

 『 毎週火曜日 』(完全予約制)

18:00~19:30 講演

参加ご希望の方は下記のLINE@RIM情報配信を開いて参加希望の日程をお知らせくださいませ。

返信にて参加IDとパスワードを付与させていただきますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

https://lin.ee/mbKWhBS

 

 

 

不動産投資系暗号通貨RIMは日本から世界に発信し

不動産業界に革命と革新をもたらす暗号通貨です✨会場でお会い出来るのを楽しみにしております😊

 

 

※『現在最安値の2円枠』は残りわずかのようですので

購入を検討されている方はお早めのご検討をオススメします

 

 

『RIM』購入フォームはこちら

bit.ly/rimpoint

 

RIM Reale Estate Consulting Services Limited の登記証明書と役員 紹介

Toshiya Mori

 

RIMトークンの考案者

RIM REAL ESTATE CONSULTING SERVICES LIMITED

Founder    CEO

BRC Battery Scientific,.co,.ltd    Founder  Chairman

AQE Smart Card Service Industry Limited  

                                 Founder  CEO

QE Energy co,.Ltd           Founder   CEO

AmadeusJapan co,.ltd    Founder   CEO

Shunjyusangyo  co,.ltd    Founder  Chairman

Aqua Power Energy  co,.ltd     Founder   CEO  

Takayama    Dahyoun

 

RIM Company Limited        Founder   副社長

BRC Battery Scientific ,.co,.ltd    Founder  社長

AQE Smart Card Service Industry Limited

            Founder  CMO

Aqua Power Energy co,.ltd    副社長

 

・韓国語(ハングル)を創造されたセゾン大王の二番目のお兄様:孝寧大君の19代子孫
・不動産業
・天然酵母教室園長
・暗号通貨マーケッター

・多数の暗号通貨日本総販売元

類稀なる発想力と太い経済界の人脈をいかし

RIMの世界戦略を準備中



Exective    Partner  の紹介

付 建国(EXECUTIVE PATNER)

氏は1980年生まれで、23歳の大学を卒業して、25歳で企業管理の研究生を取得して、卒業後にQEグループの長春新基管業CEOを務めて、長春新基管業有限会社の全体運営を担当して、建国の十年間の努力を経て、現在の会社は吉林省の規模第一、東三省の規模の前三のプラスチックパイプの生産企業になりました。


Market adviserの 紹介